価値

僕は、もうすでに溢れてる音楽をわざわざ自分で作ろうとは思いません。自分の中に常に存在する既存の音楽への欲求不満、

「こういう音楽(が今見渡して世の中に無いけど)、聴いてみたい」

をアイデアに変えて、形にすることに価値を感じて、曲作りをしてきました。

しかし困ったことに、最近はその欲求不満が起こらないんですよね・・。

たとえるなら、草原を食い尽くした牛の群れのように。

好きな音楽を食べつくしてしまった感があって、もう自分で作る必要性が見当たらないんですよね(笑)「聴きたい音楽」を手元にそろえてしまった感がありまして。

色んな音楽を聴いても「ああ、こういうのね」って別に引っかからなくて、なんか寂しいです。僕はやっぱ「ああ、こうきたか・・!すげえなあ、やるなあ~」って思えるから音楽が好きなんですが・・。

といっても、どうしても活動ありきで曲を作ることが多いので、依頼曲はどっちかというと「溢れてる音楽」っぽく作ってます。なのでそれは問題ないんですけど、、自分の作品はやっぱ自分の聴きたい音楽の結晶にしたい気持ちも強いので難しいところです。。

うーん。
[PR]

  by mechaegg | 2009-06-02 01:42 | 日記 | Comments(0)

<< 自分で自分を 同時進行 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE