テンション

マシンガンズを聴きながら登校してたら、ふと思った。


「俺の音楽ってテンション低い・・・?」




やっぱ、音楽って聴いてテンション上げたり、パワーを貰ったりしたいものですよね。
弾けて、ちょっと笑っちゃうくらいハイテンションの音楽ほど元気をもらえる。Youtubeで見た「真っ赤な誓い」のライブ版は鳥肌が立つほどパワーがこっちまで飛んできましたし。

俺も気合を入れたい朝はメタル聴いたりしますし。



でも、オイラは80年代邦楽とか歌謡曲のように、「奥ゆかしさ」とか「溢れそうなのをこらえてるような切なさ」が大好きで、そういう音楽を作りたいと思って曲を作ってきました。基本的にそういう音楽はテンションが結構低い・・というか、暗い。今の世の中、そういう音楽はあまり見当たらないのは、やっぱ世の中がそういう音楽を求めていないからなんだろうか。


俺の曲は自己満足にはなっても誰かにパワーを上げられるほどのエネルギーを持ってないのかもしれないなあ。そこらへん、ギターを弾きながら曲を作るようになってだいぶ改善されては来てる気もしますが、、まだまだ足りないところな気がします。



くそまじめな曲しか作れないからなあ。もっと遊び心を入れていけるといいんですけど。。。堅い人間なもんで・・(笑
[PR]

  by mechaegg | 2009-07-08 01:35 | 日記 | Comments(0)

<< オーディション用の M3登録完了 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE