絵の世界へ

M3の曲ほぼ全曲作曲の段階は終わりました。あと2曲ほど作詞+編曲仕上げがありますが・・。
とりあえずちょっとひと段落といったところでしょうか・・・。

先週から朝から晩まで曲作りをしていたらなんか耳に疲労感が出てきました。
結構気をつけて、音量も小さめ、休憩を挟んだりもしてたんですが・・やはりやりすぎは良くないですね。


ということで、今日は曲を作ったあと絵を描いてます。
音楽に専念するため、絵は1年位前に封印してまして。でもまあ、ここまできてちょっと違う世界を見て、それがまた相乗効果で音楽にも生きてくるかも、と思い久しぶりに鉛筆を握ってます。

正直僕はかれこれ15年くらい、何らかの形で絵と関わってきてたんですが、(音楽暦はまだ6年・・・)正直いってまともに練習をしたことは殆どなくて、適当に、見よう見まねどころか見もせずに完全自己流でやってきました。

でもこの1年のブランクでその自己流は大破し、せっかくの機会と0から勉強することにしました。

先ほどまで約3時間ほど、とあるサイトで人体の構造から、パーツの書き方などを実践的に勉強しました。自分の絵が見違えるほど安定し、圧倒的に効率的に描けるようになってきて感動してます。今までなんでやらなかったんだろうwwみたいな。

だいたい人間はかけるようになってきたので、あとは個性=顔を練習して、服や構図といった実践的な練習をしようと思います。



自己流は楽しいようで、結局すごく遠回りなんだと知りました。ちょっとでも基礎をかじっておくと、大幅にラクにいいものを作れるようになるんだと、改めて感じさせられます。見よう見まねこそ、一番めんどくさいルートなのかもしれない。

音楽もきっと同じ。俺の音楽も自己流です。でもきっと、基礎を勉強していけば何かが見えてくるかもしれない。当たり前のようで、つい見失ってたことを思い出せてよかったです。
[PR]

  by mechaegg | 2009-08-10 22:47 | 日記 | Comments(0)

<< 今日はギターの日 よぉぉっし! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE