"やってみる"こと

なんでもやってみることが大事とは言います。

が、僕は高校くらいまでは超絶慎重派だったので、何事にも挑戦しない人間でした。作曲だけはやってましたが。

気持ちが変わったのは大学に入ってから。いろんなことを「やってみた」ら、思った以上に世界が広がることに気がついてからです。何かに挑戦することは、自分にとってマイナスになることなんて何もないんです。(リスクを伴うものは別ですが)

大学ではマンドリンオケ、院に進んでからは同人活動、サークル加入、レコーディング、楽曲提供、CD制作、ユニット結成、バンド結成、コピバンでのライブ、オリジナルでのライブ・・。

院に入ってから、とにかく決めてたのは、「就職後に、"学生時代にあれやっとけばよかったな~"って思わないようにする」ということ。なので、この2年間は背伸びどころかピョンピョンジャンプしまくって、ありとあらゆる音楽活動をやらせていただきました。

そして、全ての色んな経験を通じて、"やりたいことをやりつくした"今改めてここで感じること。


俺は曲作りが好きだ!!!!!



曲を考えて、作って、ギター弾いて、歌詞を書いて、歌を入れてもらって、ミックスして、完成したら、聞いてもらう。

この一連のことがホントに好きなんだなって。

曲作りが上手くいかず、投げたくなったこともありました。楽器を弾いたり、歌を歌うだけのが楽いわ~って思って、そっちだけをメインにしようかと思うこともありました。

でも、色んな音楽活動をした上で、やっぱり俺は曲を作ることが何より好きなんだな、って、きっと、性格的に向いてるんだなってことが分かりました。まあ、そうだよね。そうじゃなきゃ、仕事じゃないのに8年近くも、一度も中断しないで続けられんて。8年近く続けてるから好きなのかもしれないけど。両方かな。


就職してからは、バンドやったりライブやったりってことはなかなか難しいのかもしれない。でも、曲作りは、家で好きな時間に出来る。だから、きっと続けていけると思う。

色んなことを"やってみて"、"自分はこれだな"ってものを再確認できて、よかった。やり残しはありません。これからは、曲作りをもっともっと磨いていきたいと思います。2011年度から、飛鳥硝子は気持ちを切り替えて、腹を括って、生まれ変わりますよ・・!こないだの日記でも書いたけど、「この音楽じゃなきゃヤダ!」っていうのがなくなって、どんな音楽も好きになったので、どんな曲でも作りたい!



だって、楽しいんだもの!!!
[PR]

  by mechaegg | 2011-03-04 00:53 | 日記 | Comments(0)

<< ありがとうございました どっかーん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE