趣味の話

烏丸です。

僕はいろんな形で音楽と接しておりますが、大きく分けると「趣味」と、「お仕事」と、そうでない「何か」に分類されます。

今日は「趣味」の話をしようと思うので、それ以外の2つを先に説明します。


「お仕事」は、お金を頂く場合です。僕の場合はまだそんなに多くないですが、ギタリストとしてや、作曲、ミキシング等でちょこちょこ。ただし僕は音楽でお仕事することは目指していないので、ここにすごく力を入れるつもりはあまりないです。

そうでない「何か」というのは、主にうたたねりんご等の自身の表現活動を指します。「趣味」かと言われると、その範疇は超えていると思っています。が、全くもって金銭的な利益が生まれる活動ではありません。自分的には、「ライフワーク」に近いものという認識です。気持ち的には本業といってもいいくらいです。




そして、「趣味」としての音楽は、僕にとって2つあります。
ひとつは歌です。高校時代からずっと毎日お風呂では熱唱、ヒトカラもよく行きます。

高校2年のとき、友達と生まれて初めて行ったカラオケで、全然うまく歌えなくて、それが本当にショックで。悔しくて悔しくて、それから毎日歌うようになりました。もともと僕は自分の声にコンプレックスがあって、人前で声を発することすらイヤだと思っていたのですが、それが逆に、「研究してもっといい声になってやる」っていうモチベーションになったみたいで。

なので、歌に関してはものすごく研究を積んできました。ただし、今のところまだ人に聴かせるには忍びない程度の歌しか歌えませんが。。

そんな感じで、歌うことがひとつの趣味になりました。


もうひとつはドラムです。
ドラムは20歳くらいのときに、初めてのバンドを組もうって話になって、ドラムいないからよろしくみたいな感じのありがちな流れで始めました笑

その後バンドはすぐ解散したんですが、20代後半に差し掛かってから別のバンドでまたドラムとして再開、今に至ります。

ドラムも、歌と同じくらいすっげー楽しいです。身体でリズムを感じながら、踊るかのように演奏できるってのが凄くイイですよね。


そんな感じで、今は趣味としての音楽は「歌」と「ドラム」になっています。

どっちも、活動のためとかじゃなく、ただただ「楽しむため」に。
「作り出す」のではなく、「プレイヤーとして上手くなりたい」というだけでやってます。それが逆に、普段の活動とは違った楽しさに繋がるんですよね。


活動に繋がるかどうかなんてのはわかりませんが、ただ楽しいからやる、という音楽の原点のようなこの趣味たちを、大事にしていきたいなと思っています。
[PR]

  by mechaegg | 2015-05-11 22:11 | 日記 | Comments(0)

<< ギタリストとして ブログ復活&改名しました >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE