バックボーン

こんばんわ、烏丸です。

先日、初めて一緒にやるメンバーでスタジオセッションをしました。
僕はギター(ボーカルがいないのでとりあえず暫定ギタボ)で参加をしまして。

先日集まったメンバーは、V系やアニソンを通ってきた人間の集まりでした。
僕も、高校時代にV系に出会って音楽に目覚めた人間なので、ギタリストとしては多分V系ロックの影響を最も受けていると思います。

うたたね等の活動やレコーディングで弾く僕のギターは、基本的にディストーションのかかった、歪んだサウンドです。(あまりコピーはしてないのでかなり自己流要素が強いですが)


そんな僕ですが、ここ数年はブルース等の、軽く歪んだクランチのギタリストが好きです。分かりやすい例で言うとCharさんのような感じですね。憧れます。最近は洋楽のブルースが大好きです。

でも、たまにそういうギターを弾いたりもしますが、自分で弾いてると、なんか違うなあっていう違和感をすごく感じるんですね。

そこで思うのは、やっぱり楽器を始めた最初の頃に好んで聴いて、弾いて、身体に染み付いてきた音楽こそ、自分自身のバックボーンになるのだなあということ。僕は長年邦楽の、しかも日本色の強い曲ばかり好んで聞いていたこともあり、ブルースやロックンロール等の洋楽のギターはほとんど馴染みがないのです。


もちろんそういう知らないジャンルを吸収することは成長になると思いますので、今好きなこともどんどん取り入れていきたいと思っていますが、自分のコアになるものは、やっぱり若い時から変わらないディストーションギターなんだなと思いました。

そこはきっとずっと変わらないんだろうなと思います。僕はブルースやジャズ、ファンクのギタリストにはなれない。



さて、一方で僕は趣味程度にドラムもやっています。
僕のドラムは、まだそんなに身体に染み付いてないのでそういう色がついていません。これからいくらでもカラーを付けていける段階です。

なので、ドラムでは、ブルースや古い洋楽のロックのドラマーをベースにしていきたいと考えています。
ドラムで参加しているバンドのメンバーは古い洋楽が好きなので、ちょうどいい感じで笑

憧れのドラマーは、ブルース系ではないですが村上ポンタ秀一さんとエイブ・ラボリエルJr(ポールマッカートニーのバンドの人)氏です。

パワー系、スピード系、手数系、じゃなく、ブルースの香りの渋くてグルーヴィーなドラマーになりたいなと思っています。


V系仕込みのディストーションギタリストかつ、渋いブルースドラマーとしての道・・

最近色んな顔がありすぎてどれがどれだかよく分からなくなります笑
[PR]

  by mechaegg | 2015-07-25 00:59 | 日記 | Comments(0)

<< CANDY CUBE FESTA アイデンティティ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE