カテゴリ:日記( 331 )

 

新曲色々

直近で2曲ほど公開しました。

うたたねりんごで松任谷由実さんの「春よ、来い」をカバーしました。
原曲のイメージを引き継ぎつつも、うたたねらしさを全面的に盛り込みました。
今の朱色さんの声にすごく合った曲に仕上がったなと思います。



以前からもコラボなどでご一緒していたSouwerさんと、
新ユニット「烏澤」を結成して活動をはじめました。
第一弾は米倉千尋さんの「嵐の中で輝いて」です。
僕自身歌う活動がしたかったので(笑)男女ツインボーカルユニットとして活動していく予定です。



ことの始まりは5年前のmomentのコラボです・・






これまで通りうたたねなどではオリジナル曲も作っていきますが、
世の中には既に沢山の素晴らしい曲があります。

そういった曲を、自分たちならではのアレンジを加えて歌い継いでいくことも
すごく素敵な活動だなと思っています。

なので、カバーも、オリジナルも頑張っていきたいなと思いますので
是非どちらも楽しみにしててください!






[PR]

  by mechaegg | 2017-02-26 11:51 | 日記 | Comments(0)

2017年 音楽人生第3期へ

あけましておめでとうございます。烏丸です。

2017年も精一杯頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

昨年9月に30歳になったこともあり、2017年は一つの節目、心機一転で頑張ろうと思っています。

音楽人生第3期、なんて大層なタイトルですが、自分のこれまでを振り返って簡単に書いてみます。


●第1期は、17歳~23歳 作曲を始め、ネットへの投稿の活動をしていた時期です。
暇つぶし、帰宅部で趣味も特技もなかった僕が、音楽経験もないのに突然作曲を始め、
投稿してコメントをもらうのが楽しくなり、年に100曲以上作っては公開していた時期です。
この頃は基本テキスト音楽サクラで曲を作って、MIDIを投稿していた感じです。

大学からギターを始めましたが、部活はクラシックギターだったので、初めてエレキを持ったのは20歳位でした。

この頃はまだ本格的に頑張ろうとかそういうことは考えてなくて、好き勝手作ってネットに投稿して、たまにコラボを楽しむ、程度の活動でした。

そして、就職を控えた22歳の僕は、それまでの活動の集大成として、やりたいことを詰め込んだCDを一枚作ってM3で頒布して締めくくろう、そのまま音楽をやめよう、と思っていました。


しかし、逆にそのM3がキッカケで音楽への想いに火がつき、第2期へと歩みを進めるのでした。




●第2期は、23歳~29歳 和風ロック~うたたね結成~今に至る
音楽で何か成し遂げたい。とにかく、やれるだけやってみよう、と。
その代わり、生活の120%、仕事以外の時間は全て音楽に捧げる。作曲の専門学校にも通いました。


振り返れば、沢山の夢を叶えられました。
・オリジナルで、やりたいことを詰め込んだCDを出す→和風ロック、うたたねりんご、ASGR88、その他etc...
・やりたい音楽で、やりたい世界観で、アーティスト活動をする→うたたねりんご
・オリジナル曲で、ライブに出る→Star Camp Theaterなど沢山
・映像演出を使ったワンマンライブをする→うたたねワンマン2015

どれも、第1期の頃の自分には夢のまた夢のようなことばかり。

僕は本当に幸せな音楽活動をしてこれたと思っています。

ひとえに応援してくださる、聴いてくださる、ライブに来てくださる皆さんのおかげです。
そして、朱色さんを始めとして、活動を支えてくださる沢山の仲間のおかげです。

やれるだけのことはやれた、と胸を張っていえます。
もちろん、もっと多くの方に聴いてもらいたいとか、もっと大きな会場でライブしたいとか、無いと言ったら嘘になります。
ルーシィとサリーは、もっと多くの人にうたたねを知ってもらいたい、という想いで世に打ち出しましたし。

でもそれは、キリがないことです。

武道館であっても、小さなライブハウスであっても、そこに自分たちの音楽を聴きに来てくれる方がいて、
真剣に聴いて下さり、何かを感じてもらえるのなら、
自分にとって数なんてものは重要なことではないんだってことを改めて思いました。


そういう意味で、2015、2016のワンマンライブ、水へサリーの公開をもって、
やれるだけのことはやって、夢も沢山叶えられて、大満足!という形で第2期は終わりました。




●第3期 30歳~ 人生を楽しむために
そして2017年は、音楽人生の第3期です。

第2期で夢を叶えてしまった僕にとって、
もう「音楽で叶えたい大きな目標」みたいなものはあまりありません。

ここからは音楽活動を、そして人生を「楽しみたい」と思っています。
いい感じに肩の力がヌケています。

活動を辞めるわけじゃないですし、頑張らなくなるわけでもないです。

うたたねでは曲やCDも作りたいし、多分またワンマンなどのライブもやるでしょう。
バンドではドラムをもっと上手くなりたいし、バンドならではのライブ活動も頑張りたい。
その他、ギタリストとしての活動や色んなコラボなどもやっていくでしょう。
カバーもやりたいし、歌も歌いたいな。
せっかくレーベルも作ったし、なんかやれたらいいな。

やりたいことは沢山ありますが、それらは全て「~のため」ではないのです。

第2期の自分は「音楽で何かを成し遂げたい」という思いにかられていました。

第2期でやるだけやった今の自分、第3期では、「~のため」ではなく
「楽しいからやる」というスタンスで音楽活動を継続していく予定です。

欲はありません。やりたいと思うことだけやっていきます。

もともと音楽に対して金銭的なこととかは一切求めていないので。


そして「音楽に専念する」と頑なだった第2期と違い、もっと人生を色んな経験をして過ごしたいと思っています。

音楽だけではなく、もっと勉強して自分も磨きたいし、英語も喋れるようになりたい
海外も行ったこと無いから行ってみたいし、色んな場所に旅行にも行ってみたい。
ビジネスや投資なんかもやってみたい。
家庭も持ちたい。

何より、魅力的な人間になりたい。


30歳というひとつの区切り目で、ここから先は、自分の人生を少しでも豊かに、楽しく沢山味わって過ごせるように
音楽、仕事、その他の色んなことにチャレンジして頑張っていきたいと思います。


長くなりましたが、今年の抱負はそんな感じでした。



[PR]

  by mechaegg | 2017-01-07 01:11 | 日記 | Comments(0)

2016-2017

2017年も残す所あと数時間となりました。

今年も大変お世話になりました。皆様のお陰で本当に充実した1年になりました。

今年はギタリストとして色んな作品に関わらせて頂いたり、
うたたねも2度目のワンマン、ルーシィ、サリーとやりたいことをやりきった1年だったなと。
来年の活動はまだ何もかもが白紙ですが、マイペースに頑張っていきたいなと思います


元々、自分の"好きなもの"を形にして人に共感してもらいたい、という想いで始めた曲作りですが、
うたたねの活動を通じて、その願いを多く叶えることができました。
自分の"好き"が詰まったCDを手にとって頂けること、聴いて頂けること、ライブにまで来て頂けること、どれも、胸がいっぱいになるくらい幸せを感じます。

特に、月の裏側や水へサリーはやっと自分が表現したかったことを表現できた、という満足感でいっぱいの作品です。


音楽を始めた10数年前から考えると、まさか自分のオリジナル曲でライブするなんて夢のまた夢でした。ましてワンマンなんて。
それが、去年今年と2度もワンマンライブができて、多くの方に来て頂けて、
やってきたことが報われたというか、夢が叶ったというか、不思議な気持ちでいっぱいです。

自分が作りたかった音楽を形にでき、自分がやってみたかったライブをやれた今の自分は、
若干の燃え尽き症候群のような状態なのかもしれません。
これまで"満足"という気持ちになったことはなかったのですが、これまで、そして今年の活動を経た今、とても満足してます。

なので、来年の活動については今は全て白紙です。一つだけ言えることは、
自分にとっての音楽が「やりたい」の先に進む時なのかなと思っています。

「やりたい」は満足しちゃったので、その先にある何かを見つけられたらと思う。
その1つが、誰かの力になることなのかもしれないし、違う道かもしれない。


2017年の抱負、というか、今後の人生の抱負は「なるべく色んな景色を見たり、色んな経験をしたい」です。
音楽に限らず、短い人生の中で、出来る限り色んな場所へ行き、色んな人と出会い、色んなものを食べたい。今はそれが自分にとって最大のテーマです。

ワンマンライブも間違いなくかけがえのない貴重な経験であり、ステージから見えた景色は一生忘れないでしょう。またやりたいです。やると思います。

とりあえず今の自分の興味対象は英語と健康なので(笑)
音楽とはほどほどに付き合いながら2017年は過ごしていきたいかなと思います。
すっかり、音楽こそ自分の全て!という感じではなくなりつつあります。


年齢もあると思うけど、3年前にお袋が亡くなったことと、去年盲腸で入院したことがやっぱり大きいんだろうなと思います。
目の前のことだけじゃなく「人生」という視点で何事も考えるようになったので。
人生はいつ終わるかわかんないからこそ、沢山味わってから死にたいなって。


長々とすいませんが、そんな感じが今年の振り返り&来年の抱負であります。相変わらずですが、どうぞ皆様よろしくお願いします。



[PR]

  by mechaegg | 2016-12-31 15:45 | 日記 | Comments(0)

2ndワンマンありがとうございました!

うたたねりんご 2ndワンマンライブ
結成七周年記念単独公演 -リクエストアワー2016-
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

セットリストは→こちら

感想まとめは→こちら

f0205771_2039820.jpg


昨年のワンマンを終えた後、まさか2年連続でワンマンライブをやるとは思っていなかったのですが、勢いって怖いですね笑
今年も満員御礼、うたたねを愛してくれる人で埋め尽くされた会場は本当に幸せな空間でした。

拳を上げたり、うちわを振ったり、皆さんが盛り上がってくれたおかげで凄く楽しいライブになりました。りんごのアイテムを身に着けてくださってる方もちらほらいらっしゃって、それもとても嬉しかったです。中には手作りのりんごアクセという方も・・。


うたたねりんごは、誰のためでも何のためでもなく、何よりも、僕と朱色さんが好きな音楽、好きな世界観、自分たちが聴きたいと思う音楽だけを作り、それを誰かが気に入ってくれたらいいな、という、ある意味わがままなユニットです。でも、だからこそ余計に、自分たちの音楽を愛してもらえることが幸せでなりません。

関西や東北など、遠路はるばる来てくださった方もいて、ほんとありがとうございます。。
自分も朱色さんも、全17曲全てを出し切れました。ライブ後は二人共話すことすらままならない、完全に抜け殻状態でした笑


***


今回のライブはリクエストアワーということで、
皆さんから頂いた投票を基にセットリストを組みました。


1位はイフイッカ。
これ、かなり初期の曲なのですが、今もこうして愛して頂けてるのはホント嬉しいですね。

2位は撃鉄の憂鬱。3位は五番目の群青。
4位の無機物感情論も含めて、無機物感情論(アルバム)の曲も今も根強く人気があるんだなあと改めて思いました。

一方で、4位くらいからはリトルデザイアや一対の海など、
最近の曲もちらほらと。


全部で130票近く。でも、かなり割れました。4位以下は同着だらけでした。
うたたねは徐々に音楽的にも世界観的にも変化をしてきていますが、
リクエストを振り返ってみると、新旧満遍なく票が入っていて、
旧い曲も新しい曲も愛して頂けてるんだなあと、それが嬉しく思いました。

逆に言うと、票数が少ない曲も本当はやりたかったなと、その人が聴きたいと思ってくださってるのなら、演奏したいと、ちょっと思いました。票数が少なかった曲を中心としたライブなんてのも面白いかも笑

個人的には、自分でも大好きな「月と水葬」を演奏できたことが印象的です。
会場の方が、何も要望してなかったのに照明で月を表現してくださって、めちゃくちゃ嬉しかったなあ。

最新曲「炎とルーシィ」や、その対となる新曲「水へサリー」をライブでお披露目できたことも嬉しかったですね。
サリーは制作真っ只中、難航しつつもじっくりと、いい作品に仕上がるよう頑張っております。年内公開を目指してます!


***


改めて、うたたねは朱色さんという存在あってのユニットだなあと思うのです。

歌はもちろんですが、MCも、事前に決めてた内容全部ぶっ飛ばしてメチャクチャでしたが、
それでもあの関西ノリで強引にまとめちゃうあたりはスゲえなと、横で見てて思います笑

でも、あのメチャクチャなMCと、全身全霊の歌声の両方が朱色さんであり、
うたたねりんごでもあるんだなと、改めて思いました。

俺だけだったら、きっと笑いのないシリアスなだけのライブになっちゃうと思います。
それがいい面もあるだろうけど、今のうたたねのようなライブには絶対なりません。


***


初めての試みとしての曲あてコーナーは・・思ったより当ててもらえなくて少し寂しかったです笑


「泣き虫レインボー」を歌うことは朱色さんにも内緒にしてました。
俺、人を驚かせるの好きなんです笑

人前で、初めて弾き語りできてすげえいい経験になりました。
長年歌を趣味にしてますが、人前でちゃんと歌ったのは初めてなので・・。


***


うたたねは遠距離ユニットなのでしょっちゅうライブをすることはできないけれど、だからこそ、こういう濃厚なライブを定期的にやっていけたらいいなと思っています。
来年の予定はまだ全く未定ですが。。


今は全てのエネルギーを放出しきった状態ですが、その分皆さんからも沢山のエネルギーを頂きました。
ライブって、エネルギーの循環なんだなと改めて思います。
皆さんから頂いたエネルギーで、新曲制作、そしてまた次のライブに向けて頑張っていきたいなと思います!


***


P.S
沢山の差し入れもありがとうございました。美味しく頂きます・・!
来て頂けるだけでも嬉しいのに、、恐縮です・・!
[PR]

  by mechaegg | 2016-10-10 20:35 | 日記 | Comments(0)

うたたねりんご 結成七周年記念単独公演 -リクエストアワー2016- セットリスト

うたたねりんご 結成七周年記念単独公演 -リクエストアワー2016-

セットリスト

1 : 炎とルーシィ

2 : solitary brown
3 : insomnia
4 : Refrain;

5 : ファントムペイン
6 : 月と水葬
7 : リトルデザイア(4位)

曲名当てコーナー

8 : こっちを向いて
9 : 一対の海(アコースティック Ver.)(4位)

10 : 魂のルフラン
11 : フロムアライブ(4位)

12 : 五番目の群青(3位)
13 : 撃鉄の憂鬱 (2位)

14 : 無機物感情論 (4位)

15 : イフイッカ (1位)

[Encore]
16 : 水へサリー(新曲)
17 : Hello, you(アコースティック Ver.)


投票総数129票
[PR]

  by mechaegg | 2016-10-09 10:22 | 日記 | Comments(0)

シンゴジラとASGR88(ネタバレなし)

今日、巷で話題のシンゴジラを見てきました。
内容については触れません。


僕は数年前から割りと映画館で映画を見るようになりました。大体年に7~8本でしょうか。
見るものの多くはハリウッドのSF映画です。(参考→映画館で見た映画リスト(2015/11まで))

実は、ライブを見に行くよりも多いんです。
そして、映画を見に行くたびに、自分も音楽活動でこういう作品を作りたい、と思うんです。

音楽活動で映画を作るというのはピンと来ないと思いますが、
自分の中で昔から、自分の活動は、音楽を作り演奏するだけの活動にはしたくないという思いがずっとあります。

~~

話は少し脱線しますが、
元々音楽に入ったのは高校の頃にPsycho le cemuというバンドに出会ったことがキッカケでした。彼らは、音楽だけではなく、衣装、世界観、ライブでの演劇(コント?)パートを含めて、音楽活動をするバンドです。
これこそ、自分の求めていたものだ、と(ある種先を越されたような)衝撃を受けました。

そこから所謂V系にハマっていきました。
V系の音楽性に惹かれたこともありますが、彼らがVisual=聴覚だけでなく視覚に対しても表現するアーティストであることが、自分の求めていた「音楽だけ」ではないということと合致していたことが大きいです。

~~

V系についての話はさておいて、自分は、ただ「音楽だけ」を行う活動にはしたくないと思うのは、バンドマンとしてのキャリアが殆どなく、変な既成概念が無いからかもしれません。

昨年のうたたねワンマンで、映像を使った演出を行ったのはその1つです。
所謂MCを排除し、曲と曲の間に映像で物語を挟み込む。
そんな、映画を見るような、ライブにしたかったのです。

そして、ライブに限らず、もっともっと総合的な作品作りを行っていきたいという想いが強くあります。

映像、絵画、物語、朗読、演劇、ファッション・・etc
様々な表現と融合させながら、新しい価値のある作品を生み出していきたい、というのが今の自分のスタンスです。

~~

実は数年前に、それを試みたことがありました。それがASGR88でした。

傍から見たら「アイドル好きが講じてバーチャルアイドルをやってみた」「ラブライブやうたプリ、アイマスのパクり」のように映ったかもしれませんが、自分としてはそのどれでもありませんでした。
※僕はアニメやゲームには詳しくないので、当時ラブライブやアイマスの存在も殆ど知りませんでした。

自分がこの企画で試みようとしたのは、昔から存在するメディアミックス型のコンテンツ作りでした。
小さいころ好きだった「電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル」という未完の作品があるんですが、
ASGR88はこの作品の延長線上を意識していました。

ヴォーカリストに紐付いたキャラクタ設定
SFな世界観で展開される重厚でシリアスな物語
音楽だけでなく、イラスト、漫画、ラジオドラマなどでメディアミックス展開させる

という内容を考えていました。

結果的に、全ては自分の力不足とエネルギーが足りず、CDを出しただけで終わってしまいました。
メディアミックスの難しさ、1人でやるには限界があることも痛感しました。


今日シンゴジラを見て、庵野監督のクリエイティブに触れたことで
また少し、メディアミックスへのエネルギーが湧いてきました。


うたたねでやるのか、どこでやるのかはまだ何も決めていませんが、
自分はやっぱりそっちなんだな、ということを改めて感じた日でした。


あと2ヶ月に迫ったうたたね2回目のワンマンライブ、予約受付中ですので
そちらも是非見に来てください。
今回はリクエストアワーということで、演出は最小限のとてもシンプルな、音楽を楽しめるライブにする予定です。

詳細はこちら








*
[PR]

  by mechaegg | 2016-08-11 21:56 | 日記 | Comments(0)

うたたねりんご再始動

こんばんわ、烏丸です。

昨日2016/06/04、うたたねりんご公式Twitterより、うたたねの再始動、サイトリニュ、新曲公開、旧作のiTunes配信開始、そして2nd ワンマンライブの告知をさせて頂きました。

詳細は公式ウェブサイトのTopページに全て記載されています。



新曲「炎とルーシィ」は、うたたね再始動の幕開けを飾る楽曲です。

活動停止していた期間は、充電期間であり、自分たちを振り返る期間でした。
自分たちは、一体どういう存在なんだろうか。
自分たちは、どういう音楽を届けていけばいいだろうか。

6年間ほぼノンストップで活動して来て、その足跡を振り返って、自分の顔を眺めてみて、考えて考えて、その答えは少し見えてきました。

その答えの1つがこの曲であり、リニューアルしたウェブサイトであり、ロゴであり(雛瀬シズキさんに作成いただきました)、これからの活動そのものです。


前にも言ったとおり、楽曲のリリースペースは少しゆっくりになります。
じっくり作らせてください。
ファストフードな音楽にはしません。したくありません。



今年もワンマンライブやります。
去年は映像を含めて、「作品」としてのステージを作りました。
今年は、リクエストアワー。テーマは「お祭り」です。投票結果が楽しみです。



6年半以上も活動してきたうたたねですが、ここでもう一度スタートし直します。
自分たちの音楽や表現を、もっと多くの人に届けたい、という、それだけの想いです。


再始動するうたたねりんごをどうぞよろしくお願いします。






*
[PR]

  by mechaegg | 2016-06-05 22:01 | 日記 | Comments(0)

INTJ型

友達に教えてもらったMBTI性格診断をやってみた。
質問に回答して16種類の性格に分類するというもの。
世界的にもかなり使われている有名な指標らしい。日本ではそんなにはやってないけど。


俺の結果はINTJ型

これがね~、めちゃくちゃ当たってるんですね。
というか、まあ自分の回答がベースになってるので当然っちゃ当然ですが。
こうして明文化してもらえると、ああ、自分ってこういう人なんだな、って改めて気づけてよかった。

色んなサイトで見ると、INTJ型はこんな感じらしい。

・常に改善、問題解決をしようと考え続ける
・感情よりも理性、合理主義者、だけど直感重視
・自分のアイデアに自信があるが、他人の意見は否定しない
・社交的な会話は苦手だが、関心事や自分の目的に合致することには饒舌になる
・基本的に独立独歩思考。独りで考え、独りで実現まで行いたい人。頼れる少数の仲間は欲しいと思う。
・周りへの要求が高いので、冷たい人だと思われることが多い


めちゃめちゃ俺やん!て感じでした。
適職も見てみましたが、ほんとその通りだなあと。

前々から作詞や世界観構築などの「表現」は俺には向かないんだろうと思っていたけど、F(感情型)じゃなくてT(思考型)なのでやっぱそうなんだなと。

以前のBlogにも書いたけど、俺はやっぱりプロデュースというか、
世界観を持っているアーティストがいた上で、その人をいかに世に送り出すか、魅力的に見せるか
とか、そういうことを「考える」のが「好きなこと」なんだと思う。

世界観や物語を考えるのではなく、「方法を考える」ことが好きなんだよね。

自分で自己分析した結果と、今回の診断結果がほぼ一致していたので、やっぱりそうなんだなと。


今は、うたたねりんごで、朱色さんのもつ世界観や魅力を具現化することが俺の仕事。
朱色さんは診断せずとも感情の塊のような人なので笑

うたたねでは選手兼監督ですが、いずれは、もっと色んな人をプロデュースしていけたらいいなと思っています。

俺は「曲を作る」とか「ギターを弾く」とか「ステージでパフォーマンスする」ことも好きだけど、本当にやりたいことは「考える」ことなんだなと、改めて確認することが出来ました。


一番向いてるポジションは少数精鋭チームの「参謀」らしいです。
これ、前々から自分でも思ってた理想の立ち位置なのでほんとその通りで嬉しいw
だからクロコ団でも「参謀」なのです笑


色んな気付きが得られる良い機会だと思いますので、是非やってみてください!



*
[PR]

  by mechaegg | 2016-05-06 00:22 | 日記 | Comments(0)

M3-2016春ありがとうございました&今後の同人活動について

本日M3-2016春、沢山のご来場ありがとうございました!
今回は「烏丸ふぉーく部」という新しいカタチで参加させていただきました。楽しんでいただけたら幸いでございます。

さて、Twitterなどでは繰り返しお知らせしておりますが、
うたたねりんごとしても、烏丸友吾個人としても、同人音楽イベントへのサークル参加はこれで一旦一区切りとさせていただきます。


数えてみれば、M3だけでも今回で15回目、初参加の2009春からもう7年が経ちました。この7年間は皆勤賞で、ずっと新作を年に2枚以上出し続けてきましたが、今回をもってしばらくはサークル参加しない予定です。

いつも来てくださる皆様、本当にありがとうございました。

※あくまで「同人音楽イベントへの参加」をお休みするというだけであり、うたたねりんごとして、個人として、新曲の制作やライブ活動などはこれまで以上に頑張っていきたいと思っております!


なんかトラブルとかムカつくことがあったとか、そういうマイナスな理由では決してありません。むしろ、今日参加してみて、やっぱり「なんて楽しい場所なんだ!」って改めて感じました。


初参加の2009春のとき、僕はそれまで6年間の作曲生活の集大成として、M3で1枚のCDを出して、もう音楽活動は引退しよう、って思っていました。

でも、イベントに参加してみて、「なんて楽しい場所なんだ!!」って思って、結局今に至るまで、7年間皆勤でM3に参加し続けているわけです。


M3は、本当に素敵な場所です。
サークルさんが、好きな音楽を好きな様に作って、それを形にして、スペースで直接お渡しできる、こんな音楽イベント他にはないですよ。音楽好きな人しかいないから、暖かくて、居心地が良くて、本当にいい場所だなあと思います。だからこそ7年もやってこれた。



本心を言えば、もっとずっと参加し続けたいとも思います。
でも、時間も気力も体力も、すべて有限です。

今は自分の大きな目標を達成するために、そのためになるべく多くの時間を使いたいのです。楽しいのはわかってるんだけど、それをやっている余裕があるなら、その分を夢のために使いたいのです。

ということでご理解いただきたいかと思います。

新作なしで旧作だけ頒布で参加する、という形もあるかとは思いますが、そこは自分のケジメとして、一回バシッと区切りたいと思っています。


いつか必ずまた戻ってきます。
こんなに楽しい場所はないんだもの。




というわけで、まとめ。
・同人音楽の活動は一旦一区切りします。
  →ただしギターやミックス、曲提供などでのお手伝いは引き続き行います。
  →イベントではサークルスペースはとりませんが、一般参加やサークルさんとこに居候はするかもです。その際は是非お話しましょう。

・今後はうたたねりんごを中心に、もっと多くの人に自分たちの音楽を届けていけるよう頑張っていきます。多分活動の拠点はYoutubeやiTunes、SoundCloudなどになると思いますので、是非チェックしてみてください。随時Twitterなどで情報発信はしていきます。

・うたたねりんごのライブも定期的にやっていく予定なので、イベントでお会いできない分そういうところで是非お話しましょう!


それでは最後になりますが、7年間ありがとうございました!また会う日まで!



*
[PR]

  by mechaegg | 2016-04-24 17:57 | 日記 | Comments(0)

烏丸ふぉーく部によせて

今度の4/24に開催されるM3-2016春に参加します。
今回は「烏丸ふぉーく部」という名義で「どようび/うたかた」という新作を頒布します。
ひなたみゆさんとのコラボで、アコギと歌だけという完全アコースティックな1枚です。




1曲目のどようびはアラサーの独身男女の等身大のゆるふわソングです。
テーマとしては、周りに流されず、自分のペースで生きようよ、ですw
ひなゆさんの素直な歌がとってもイメージ通りで嬉しいです。

2曲目のうたかたは生命の儚さを歌ったしっとりバラードです。
一昨年母を亡くしたことや、ここ数年で多くの親戚が亡くなったりしていたことから生まれた曲です。
テーマとしては、人と出会ったからには、必ず別れの時がくる、というものです。
ひなゆさんにしっとりと心を籠めて歌っていただきました。


1曲目を聴いて、ふざけてテキトーに作ったようにも見えるかもしれませんが、
今の自分の等身大の気持ちをノンフィクションに籠めた、とても大切な2曲になっています。
僕は基本的にノンフィクションでしか歌詞を書けないので(笑)

CDとしてのテーマは、完全生音主義。
打ち込み全盛、音をたくさん重ねることが良しとされる今の時代だからこそ
アコースティックでシンプルに、メロディと歌で勝負したいと思い、このCDを作りました。

ひなゆさんにもとっても素敵な歌を入れて頂いたし(大久保潤先生、Special Thanks!)、すいすい先生にはイメージ通りのジャケットを書いて頂けたし、色んな人の支えのもとで実現できて、感謝感謝です。思い残すことの無い作品になったなと。アコギを新調した甲斐もありました!!



同人音楽に関わるようになってもう7年近く経ちますが、
周りを見渡しても、自分自身を振り返ってみても、
「同人音楽ってそもそもなんだろう?」って疑問に思うことがよくあります。

今回は、そんな「同人音楽」ってなんだろう?ってことを改めて考えなおした上で、
自分の思う「同人」の精神でCDを作りました。
だから、あえて「部」という名前をつけています。


多分、今回をもって、同人音楽イベントへのサークル参加からは遠ざかるかもしれません。
それは、「同人」の精神を改めて考えた上で、自分のやりたいことや目指すことと重ねてみた結果です。


イベントでお会いできる機会がしばらく無くなるかもしれませんので、CD買わなくてもいいので、是非スペースに遊びに来てください!w




*
[PR]

  by mechaegg | 2016-04-16 22:21 | 日記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE