<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

自分が好きなこと

自分の「好きなこと」ってなんだろう?

得意なこと、周りから評価されやすいこと、お金が得られること
とかじゃなくて
「好きなこと」って何か。


「ユダヤ人大富豪の教え」という本にこの問いが載っていたのだが
最近、自分の人生をどう生きようか改めて考えていたので、ちょうどいい機会ということで色々と考えてみた。

俺は、この先
プロの作曲家になりたいのか?
プロのギタリストになりたいのか?
プロのドラマーになりたいのか?
それとも会社員として働いて、普通に家庭を持ちたいのか?

って、色々考えていたのだが、どれもピンとこなかった。
それは、多分「今できること」の中から無理に選ぼうとしていたからだ。

そうじゃなくて「好きなこと」
つまり、時間を忘れて没頭するような、
年中そのことばかりやってたいようなこと・・


そのヒントは本に書かれていたが、
子供の頃の自分を思い出してみること。
そうすると、自ずと答えが見えてきた。


俺は、小さいころは絵を書くのが好きだった。
でも、絵が上手くなろう、と思っていたわけじゃなく、
模写とかするのも好きじゃなくて、
あくまで、自分の思いついた奇抜な絵を書いて、
人に見せて驚かせたりするのが好きだったのだ。

その後は漫画や小説を書くのが好きになった。
それも同じく、絵が上手くなろう、テクニックを身につけよう、というよりは、
自分の思いついた発想を形にして人に見せたい、ということからだった。
だから、棒人間ですごくシリアスな漫画を書いたりしていた。
アイデアや発想さえ表現でき、人に見せられれば、満足だったからだ。


そう、音楽を始めてからも、もっぱら自分は漫画を書いていた頃と変わらなかった。
曲だけじゃなく、衣装やHPや活動自体へのアイデアを考えるのも大好きだ。
面白いアイデアや発想を思いついたら、それを形にして早く人に見せたい、聴いてもらいたい。

後々、楽器を演奏したり、曲作りの技術を身につけるようになったのは、
アイデアを実現するために、必要に迫られるようになったからだ。


そう考えると、俺の好きなこと、つまり、根本にある「コア」は

自分のアイデア、面白いと思うこと、人がやってないようなこと、
を人に見せて、聴かせて、喜んでもらうこと

なのだ。


いわば、俺の好きなことを職業であらわすなら、
コンセプター
プロデューサー
コーディネーター
発明家
のようなものが近いかもしれない。


音楽でそれを表現するか、
絵や漫画で表現するか、
あるいは、デザインとか、映画とか、写真とか、お花だって

その媒体は、ぶっちゃけなんでもいいのだ。


ここ10数年は、音楽を中心にそれを表現してきたに過ぎない。


自分で、ずっとモヤッとしていたことが晴れた感じだ。


俺の好きなことは、曲を作ること、楽器を演奏すること自体ではなくて
自分の思いついたアイデアを世に出すこと、なんだな。


やっとそれに気がついた。



だからって今何かが変わるわけでもないけど、
将来の方向性は結構変わってくる。

自分を磨く方向も変わってくる。

作曲家になりたいなら作編曲のスキルアップを
楽器演奏で身を立てたいならとにかく練習を

俺の場合は、頭を鍛える必要がある。


自分の核にあるものに気付けて、
さらに活動を頑張れる気がします。
[PR]

  by mechaegg | 2016-03-26 17:25 | 日記 | Comments(0)

より多くの人へ

こんにちわ、烏丸です。

今回はうたたねりんごについて。

うたたねは半年前のワンマンと、秋にリリースした「月の裏側」で一区切りして、充電のためにオフに入っていましたが、年始から少しずつ水面下で動き始めています。

ひたすら6年間ノンストップで走ってきましたが、ここで一つの区切り目ということもあり、今後の活動をどうやっていこうか、ということを、俺自身も深く深く自分の心と向き合って考えて、朱色さんとも何度も話し合いの場を持って、考えました。

改めて、今の自分達が何がしたいのか、できるのか。



結成時はふたりとも未熟で、迷走して試行錯誤して・・の繰り返しで、気付いたら6年間、60曲以上の曲を作ってきました。最近ようやく、うたたねの個性というか、自分たちならではのカラーみたいなものがわかってきた気はしますが、それこそ6年前の1stの「インソムニア」の曲は、今の自分達のカラーとほぼ一致していて、迷走してるように思っていたけど実はすごくまっすぐに進んでいたのかもしれないなと思ったりします。



話は逸れましたが、これからのうたたねについて、少し。

まず、基本的には変わりません。
朱色さんの歌と歌詞、俺のギターと曲で表現したい世界観や音楽性は、
結成当初から変わっていないからです。

ライブも、なるべく定期的にやっていきたいと思っています。
音源はずっといつでも聴けるものですが、
ライブの時間と空間はかけがえのない、一瞬だけのものです。今の自分達のステージは、今しかできません。
だから、もっとそんな機会は増やしていきたい。


変えていくこともあります。

まず、年間で作る曲数は前よりも少なくなると思います。
最大の理由は、もっと一曲入魂で作りたいからです。

CDを作る場合、5曲くらいをどんどん並行で作らざるを得ません。
焦ります。時間に急かされます。
1曲作り終わって燃え尽きていては間に合わないので、5曲にパワーを分散させて作ります。

それでも、今まで手抜きで作った曲はありません・・が、そのペース配分にとらわれたくなかったのです。やっぱり、一曲一曲、後先考えずにじっくりコトコト作りこんで、出来ること全て注ぎ込んで、作り終わって燃え尽きて真っ白になるような気持ちで作りたいんです。

年に1曲でも、2曲でも、3曲でも、ペースは遅いかもしれないけど
1曲1曲にCD一枚分のエネルギーを注いだ曲を作りたいんです。

これまで頑張ってきた分、持ち曲はいっぱいあるので、
これからは、量より質、より濃厚に、という方向でやっていきたいです。



それともう1点としては、より多くの人にもっともっとうたたねの音楽を知ってほしいということです。そのために、できることは色々とやっていきたいと思っています。

お金じゃないんです。
聴いて、何かを感じてもらえたら、それで俺達はまた次の曲を作ろうって思えるんです。

そのために、頑張って一極入魂で曲を作っていくし、胸を張って宣伝して、多くの人に届けていきたいと思っています。


そんな感じで、2016年のうたたねは、今までと少し違う形で活動をしていくと思います。
けど、根底にある想いや音楽に何も変わりはありません。
オフで一旦頭を真っ白に戻して、新しいユニットを結成した気持ちでゼロから新しい気持ちで頑張りたいと思います。

是非、ご期待ください。
[PR]

  by mechaegg | 2016-03-13 16:54 | 日記 | Comments(2)

ドラム

こんばんわ、烏丸です。

先日、プライベートの友達と一緒にやってるバンドThe Pometsで初ライブをやってきました。
このバンドにはドラムとして参加しているので、人生初となるドラマーとしてのライブでした。
(正確には大学の学園祭で1度だけ出たことはある)

僕はドラム自体は19歳の時に、友達とバンド組むことになって初めて触って、
でも、数回練習してバンドが解散してしまい、それっきり。

その後23くらいでまた半年くらいやって、大学の学園祭に出て、それまたそれっきり。

そして、3年前から今のメンバーでバンドを組み、ドラムを再開して今に至ります。


このバンドがどうなっていくかはまだまだ未知数です。
うたたねや個人の活動と違い、大部分を自分でコントロール出来るわけではないので
あまり多くを望まず、ただ楽しく、だけど真面目に頑張れたらいいなと思ってます。


ドラムを演奏することはとにかく楽しいですね。

僕は元々曲作りを先にやり始めたこともあり、ギターはあくまで自分の曲の世界観を表現するために弾いてます。だから、正直自分はプレイヤーとしてのギタリストという認識はあまり持ってないんです。コピーもしないし、したいとも思わないし。


一方で、ドラムは、純粋にプレイヤーとして楽しんでます。
コピーも楽しいし、オリジナルも楽しいし
練習して、スキルアップしていく過程が何より面白い。

スポーツを新しく始めたようなもんでしょうかね。



曲作りのための手段としてしかギターやベースを弾いてきてなかったから
ドラムを叩くことは純粋に演奏をする楽しさを味わえて、すごく新鮮なんですよね。


もっともっとうまくなりたいし、もっともっと演奏する機会を持ちたいなと、そう思います。
[PR]

  by mechaegg | 2016-03-13 01:30 | 日記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE