フライング初詣

f0205771_13505348.jpg


昨日2015/12/19、江島神社にお参りに行ってきました。

旅行や観光を除けばそもそも初詣すらろくに行ったことがない私ですが、
自分の意志で神社に行くのは2度目(1度目は大学時代に、京都の縁結び神社に行きました笑)でした。

今回の目的は明確で、
もっと多くの人の心を動かすようなミュージシャンになりたい!
という、所謂「芸能上達」という内容でのお参りでした。

ざっくり言えば乃木坂がやってる「ヒット祈願」に近いでしょうか。


江島神社は日本3大弁財天が祀られている、まさに音楽、芸能の神様として有名な神社です。


一人で神社に参拝に行くのは初めてでちょっと緊張しましたが、
お賽銭だけじゃなく、ちゃんとしたご祈祷もやっていただき、
島の最奥部の岩屋(パワースポットとして有名)にも行き、自然から沢山のエネルギーももらうことができました。


自分は宗教を信じている人間ではないのですが、
神様とか宗教というのは、「人の心に働きかけるもの」だと思っています。

人間は心で動く生き物なので、例えば「何かしたいな」という判断に迫られる場面で
「よし、やってみよう!」と思うか
「失敗しそうだな・・」とか「めんどくさそうだな・・」とかでやめてしまうか
その時にどっちに進むかを決めるのは自分の心なんですよね。

その時に、背中を押してくれるものが宗教であり、神様であるのかなと思います。
逆に、哀しみにくれたときや辛くて苦しいときに心の支えになるものでもあると思います。


なので、今回お参りしたのは「宗教的にどう」というのではなく、
自分自身が、今後音楽活動でもっと頑張りたい!!
という想いを神様の前で宣言して、気持ちを新たにするため、というのが強いです。


今年はワンマンもやり、CDも出し、入院、手術もし・・と色々と節目になった年でした。

2016年は新たな気持ちで、更に大きな世界に向けて僕たちの音楽や作品を届けたい

そんな想いで頑張っていきたいと思います。




ちなみになぜ年末に行ったかというと、単純に初詣の時期は混んで大変そうだったからです笑
調べたら、別に年始じゃなくてもいつでもお参りする意味はあるそうなのでw
[PR]

  # by mechaegg | 2015-12-20 13:49 | 日記 | Comments(0)

2つの自分

こんばんわ、烏丸です。

今日は2つの自分について。

https://twitter.com/sosotakei/status/673151037100834816
まず、武井壮さんのこのTweet。
これ、まさに僕がこの数年、日頃から考えて実践していることと同じで、とても嬉しかったです。

このTweetを読んで、ふと思ったことがあります。


今の僕には「生活するためにやるべきことをやる」自分と、「やりたいことをやる」自分の2人がいます。
前者は、本名の自分。生活のため、仕事をしたり、家族や親戚と関わっている自分。
後者は、音楽活動をしている自分。つまり、烏丸友吾。

当然、小さい頃から本名の自分でずっと生きてきたわけで、本来なら、
「本名の自分が、音楽をするときに烏丸友吾という名義で活動している」
もっと言うなら、今は「会社員で働いてる自分がが趣味で音楽をやっている」という感じになるんでしょうけど、、

自分の中ではこれは逆転してるなって思うんです。
つまり、本当の自分=音楽をしている自分である。
"その一方で"生活の糧を得るために、仮面を被って本名でお仕事をしている、という感じ。

わかりやすく言うなら、世を忍ぶ仮の姿、というやつでしょうか。


実際、お仕事をしている間以外の時間全ては音楽のことを考えていますし、
一人で家にいる時も、ふらっと買い物に行くときも、友達と話している時も、
服を選んだり家具を買ったりするときも、
基本的に、烏丸友吾として過ごしていることが多いのです。


もちろん本名の自分がいなくなることは絶対にありませんが、
「音楽をしている自分」の割合が確実に大きくなってるなあ、本名の自分として過ごす時間がとても短くなってるなあ、と思うんですね。

元々本業、趣味、という言い方もあまり好きではなく、もしそう分けるなら自分の中では音楽が本業で、お金を得るためにお仕事もしている、という感じなんですよ。もちろんドラムとかカラオケとか、趣味としての音楽もありますが。

だから、音楽を趣味です、っていうのはなんかすごく抵抗があるんですね。


学生時代の延長にある本来の自分が烏丸としての自分で、社会で生きるために付加的に今の本名の自分もいる、という感じでしょうか。

要は、烏丸友吾として過ごし、考え、人と話し、活動している時間や価値観が、
自然な、ありのままの、やりたいことをしている本来の自分であるということです。

逆に言うと、今、本名でいるときは、「社会で生活するために」仮面をつけているような感覚なんですね。


きっとまだまだ先でしょうけど、結婚するにしても「烏丸として一緒にいられる人」とじゃないと無理なのかなって思います。


もちろん本名も烏丸も、2つ合わせて僕なので、完全に分離しているわけではありません。
でも、こういう両面がいること、それらが収まり良くそれぞれの役割を果たしてくれていることに気付けて良かったなと思います。頭スッキリ。




[PR]

  # by mechaegg | 2015-12-06 23:24 | 日記 | Comments(0)

新しい活動に向けて 気持ちの整理

こんばんわ、烏丸です。

うたたねのお休みに入って早くも1ヶ月近くが経ちます。
個人の活動のお知らせとしては、ゲームのOPの編曲(オメルタ CODE:TYCOON)をやらせて頂きました。

それ以外としては、休止の主な目的である「活動の見直し」を行っていまして
大方整理できてきたかなと思います。

音楽を初めて、作曲を初めて12年半、
ギターを弾くようになって10年、
CDを出すようになって7年・・・

ひたすらにがむしゃらに手探りで突っ走ってきましたが、
ここらで一旦活動を見なおさないと、気持ちの上でぐちゃぐちゃになっていたというのが本音です。



うたたねは、お休みを経た後はもっと大きな存在になれるよう、もっと上を目指せるよう頑張りたいと思っています。自分たちにしか作れない、先人たちがやっていない、新しいモノを作りたいと、ひたすらそう思っています。


サポートギタリストとしては、もっと活動の場を広げていけたら良いなと。
自分たちの活動だけではできないような人や作品に関わることが出来る場なので、
もっとギターの腕も磨いて、必要とされるギタリストになれたら良いなと思います。
これも色々計画が進んでいます。


同人活動についてですが、ここについて一番自分の中に歪がありました。
そのため、改めて0から同人音楽という活動の場の意義を見直しました。
同人ってそもそも何なんだろうって。

同人音楽界隈を眺めると、違和感を感じてしまうことが少なからずあるんです。
周りに対しても、そして自分自身に対しても。

うたたねは元々「同人音楽サークル」ではありません。
自分が持っている夢や目標と、同人の意義との矛盾をこの1-2年よく感じていました。


結論としては、「同人は同人の意義を踏まえた上で」ゼロから活動します。

細かいことは置いといて、「同人サークル」として新しい活動を興していく予定です。



そんな感じで、今の僕はギタリストとしてのスキルアップを図りつつ、
来年の春に向けての同人活動を始めています。


少し長いスパンにはなりますが、2016年はさらなる飛躍を目指して頑張りますので
是非よろしくお願いします!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-11-20 23:15 | Comments(0)

映画館で見た映画リスト

一人で映画館に行き映画を見るのが好きになって4年位経ちます。
何となく、今まで見てきた映画のリストを作りたくなったので作ってみました。

基本的に新作、しかも話題作しか見ていない程度のライトな映画ファンです。
SFアクション映画が好きです。


映画館で見る映画の満足感ってすごいんですよね。
ライブに行くのと近いというか。
俺ももっと、映画と近い感覚を味わえるような音楽を作っていけたらいいなあと思っています。


★は個人的に特に好き&オススメの映画。

2015/11/07,メイズランナー2★
2015/09/22,アントマン★
2015/05/23,メイズランナー★
2015/02/08,アニー
2014/12/27,インターステラー★
2014/11/07,ドラキュラ ZERO
2014/10/12,猿の惑星:新世紀
2014/08/10,GODZILLA★
2014/07/05,All you need is kill
2014/06/28,渇き。
2014/06/21,ノア 約束の舟
2014/05/17,アナと雪の女王
2013/11/24,かぐや姫の物語
2013/10/05,エリジウム
2013/08/24,風立ちぬ★
2013/08/09,パシフィック・リム
2013/07/06,アフターアース
2013/06/22,オブリビオン
2013/05/19,図書館戦争
2013/04/13,オズ
2013/03/09,レ・ミゼラブル★
2013/02/10,レ・ミゼラブル
2013/01/26,レ・ミゼラブル
2012/12/07,エヴァQ
2012/10/05,ハンガーゲーム
2012/08/31,プロメテウス
2012/06/15,ダークシャドウ
2012/03/16,TIME
2011/01/21,エヴァ破
[PR]

  # by mechaegg | 2015-11-08 16:48 | 日記 | Comments(0)

M3-2015秋ありがとうございました!&うたたねの今後

こんばんわ、烏丸です。

M3-2015秋、ご来場頂いた皆様ありがとうございました!
うたたねの新作「月の裏側」も沢山の方に手にとって頂けて、とても嬉しい限りです。

「月の裏側」は、1年前から始まった「悪」を描いた作品の集大成的なCDです。

既に動画で公開している曲も多いですが、リミックス、リマスタリングして収録してありますし、
そもそも動画以外での音源化は初になりますので、是非動画で気に入った方はCDもチェックしてみてください!


さて、これで、ワンマンライブも終え、テーマ「悪」の集大成的なCDも出せ、
うたたねりんごの活動としては一段落しました。

うたたねは、ここまで結成以来まる6年突っ走ってきましたが、
とりあえずここで一区切り、少しお休み=オフの期間を取らせていただこうと思います。

よくある話ですが、「充電期間」というやつです。
お休みしている間は、各々ソロ活動なり、うたたね以外の活動をやっていく形になると思います。
僕も、来年春M3はうたたねではない形で新作を出す予定です。


正直、今うたたねはすごくいい感じです。
自分としてもやっと表現したいものが表現したいように作れるようになってきたし、
朱色さんの歌や歌詞、表現力もどんどん進化していて、僕自身すごくやっていて楽しいです。

ただ、6年もやってくると、この2人での活動が「当たり前」になってしまって
新しい感覚を見失ってしまう面もあるのかな、って思います。

続けることでゆっくりじっくり成長し続けることは出来るでしょう。でも、一度離れてみることで、少し違う視点を得られるのではないか。それで一段ステップを上がれるのでは。そんな感じですね。

ちょうど色々と集大成的な活動ができたこともあり、
活動の形や作品の発表方法なども含めて見直すタイミングかなと思います。



活動再開時期はまだ未定です。半年先になるのか、1年先になるのか
あるいは3ヶ月くらいでスグ戻ってくるのか。

その間、
うたたねという形ではきっと活動しないでしょうし、
僕たち自身、うたたねのことをなるべく考えないようにして、リフレッシュしようと思っています。

が、僕たちはそこにはいますので。



再開した暁には、爆発的に進化を遂げたうたたねりんごがお見せ出来るよう頑張ります。
なので、少しの期間お待ち下さいね。
[PR]

  # by mechaegg | 2015-10-27 00:02 | 日記 | Comments(0)

今日から中学生

こんばんわ、烏丸です。


本日10/12は、うたたねりんごの結成記念日です!!
結成からまる6年経ちました!今日から7年目です!

2009年10月11日、横浜で行われたM3の翌日から、
うたたねりんごとしての活動は始まりました。

僕も朱色さんも右も左もわからない状態で、しかも関東と関西の距離がある状態でのスタートで、最初の1-2年はほんと手探りの試行錯誤だったなあと改めて思います。

朱色さんなんて、当時まだ高校生でしたからね。よく声かけたなって感じですよね笑
ああいうキャラの人だったことや、関東関西の距離があることが逆にプラスだったというか、
変な緊張とかがないままスタートできたのは良かったなと思いますが。


6年間。
うたたねで世に出した曲は大体65曲くらい。年に10曲くらいでしょうか。
ライブは6回。大体年に1回やらせてもらってます。ワンマンも実現出来ましたし。

振り返ってみても、なかなかいいペースで活動してこれたなあって思います。


最近よく、関東と関西の距離があることは、
僕達にとってはかえってプラスな面も大きいのかなって思います。

skypeでの打ち合わせは多いですが、直接会うのは年に1-2度くらいという距離感は
長く活動をしていくのにはちょうどいいのかなって思いますね笑

もちろん、僕は朱色さんの歌声や歌詞、感性に惚れ込んでるからこそ、
もっともっとその良さをみんなに伝えたい、って気持ちがモチベーションにつながっています。


ワンマンを終え、秋M3の新作も出し、うたたねとしても一区切りという感じです。
まさに、うたたねりんごは小学校6年間を卒業して、中学生になります。
※個人的に、先日のワンマンにはそういう「卒業式」的な一区切りさせる想いもありました。


しばらくはうたたねはお休みをとってパワーを充電しますが、
必ずまた、皆さんにさらに進化したうたたねの音楽をお届けすることをお約束します。


7年目も頑張ります!これからもよろしくお願いします!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-10-12 21:25 | 日記 | Comments(0)

うたたねでの自分

こんばんわ、烏丸です。

秋M3があと2週間と迫ってきました。
うたたねりんごも新作を出す予定です。
特設は週末(金曜?)に公開予定です!是非お楽しみに。


最近、活動の構想を練ってて改めて思ったんですが、
僕は自分でゼロから音楽を作る場合、
まず「こういうジャンルで」とか「こういうアーティスト像で」というところから作るんです。

要は音楽的な、ジャンルとか、リズムとか、テンポとか、メロディアスさとか、明暗とか、
あとはプロデューサー的な、こういう路線、とか、ビジュアルとか、
そういうところから入るんですよね。


でも、それって自分が思う"理想的な作り方"ではないんです。


僕が、こうやって作るべきだよなあ、と思う作り方は、
先に描きたい世界観とかテーマを決めて、練って、
それを音楽という形でアウトプットする、というやり方。

「伝えたいこと」「表現したいこと」が本質というか核にあってこその音楽だと思うので。

でも、今の自分はそういう世界観やテーマを生み出せないんです。
正直、すごく苦手です。



対照的に、朱色さんは、それを生み出せる人だと僕は思っています。
得意か不得意か、ではなくて、それを生み出せる感性を持ってると。

だから、うたたねりんごでの僕の仕事は、
朱色さんの自由な感性を、僕の音楽で肉付けし、形にすること。
そうやって、お互いの出来ないことと出来ることがいい具合にハマっていることが
長くやってこれてる理由なのかなと思います。


逆に言うと、朱色さんの感性に頼ってばかりなので、
今の自分は、「何かを生み出す」ということがすっかりできなくなってるなあと思います。

映画や小説、漫画やアニメ、ゲームでもなんでも、
もっと感受性豊かに色んなものに触れていかないと、どんどん衰えていきそうで怖いなあ。


そんなことを考える29の秋でした。



P.S.
先にテーマや世界観を決めていない音楽がダメだとは思いません。
むしろ世の中の音楽の多くはそうだと思います。

あくまで僕の価値観としての理想として、
音やジャンルよりも先に、テーマや伝えたいことが本質なのではないかなと思うんです。
[PR]

  # by mechaegg | 2015-10-07 21:38 | 日記 | Comments(0)

やりたいこと

おはようございます。烏丸です。

起業したり独立してフリーランスで活動している知り合いを見ていて、
上手くやれてる人に共通してるのは

自分のやりたいことで、誰かに喜んでもらえることをする

というマインドだなと思いました。

自分のやりたいことをやり、自分だけ満足する、というのは
それ以上の広がりを見せることは難しいのではないかと思います。
もちろんそれが自然と誰かの喜びに繋がることも少なくは無いと思いますが。

逆に、「人を喜ばせること」だけのために何かをするのは、結局辛くなってどこかで破綻するでしょう。

その2つが上手いことリンクすると、良い流れが生まれるような気がします。


僕は、音楽を始めた一番最初の頃から、
「自分が楽しむためだけに音楽を作る」ことには魅力を感じてませんでした。
とにかく、人に聴いてもらいたい。
聴いて、驚いたり、喜んだり、楽しんだり、元気になったり、とにかく何かを感じてもらいたい、というところからのスタートでした。

だから、作った1曲目からネットに公開して、人に聴いてもらうことを何よりの自分自身の喜びとしてずっとやってきた感じです。

一方で、「需要はあるけど自分がやりたくないこと」はやっぱりしんどかった。少しだけやりましたが、多くの人に喜んではもらえたのかもしれませんが自分の喜びはほんのわずかで、結局モチベーションを保てませんでした。


うたたねりんごは、「自分がやりたいこと」かつ「聴いてくれた人に喜んでもらう」という2つに拘って、ここまでやってきました。

音楽的には、ほんと自分の好きな音楽を好きなように作らせてもらってます。

そして、その音楽を聴いた方から貰える言葉が、何よりもエネルギーになるのです。

ネットで公開した曲へのコメント
Twitterでの感想
ライブやイベントなどでお会いした時に直接頂ける言葉

どれもが自分自身のガソリンになり、次へのモチベーションになります。


先日のライブのときに、それを本当に強く感じました。
ライブが終わった後「明日から頑張るためのパワーを貰いました!」って言ってくださる方が沢山いて、自分のやりたかったこと、目指していたことはこれなんだなって、ものすごく感じました。



やりたいことをやって、それで人に喜んでもらえる、こんな幸せなことはありません。

これが自分のやりたいこと。


意識高い系でもなんでもなくて、ただ自分の欲求に素直なだけだと思います。
我慢して何かをするのはやっぱりイヤなんです。
でも、誰にも届かないのも、イヤなんです。

今後も、1人でも多くの方に喜んでもらえるように、やりたいことをやりたいようにやらせてもらいます。


P.S
ちなみに曲提供や、ギターサポートや、ミックス等のお手伝いをするときは、依頼してくれた方に喜んでもらうことを一番に考えてます。本当はその先にいる、聴く人に喜んでもらえるように考えるべきなのでしょうけど笑
[PR]

  # by mechaegg | 2015-09-22 11:06 | 日記 | Comments(0)

ワンマンから一週間経って

こんにちわ、烏丸です。

5連休いかがお過ごしでしょうか。僕はセッションからのセッションからのレコーディング・・という音楽三昧な毎日です笑

さて、うたたねワンマンから1週間経ちました。

Twitterでも、ハッシュタグ#うたたねりんごをつけて感想を呟いて欲しいとお願いしたところ、沢山のご感想を頂けました。せっかくなのでtogetterにまとめを作らせて頂きました。

http://togetter.com/li/876018
皆様ありがとうございます!!


今回のライブから得られたものは計り知れません。

全てを自分たちで考え、作り、やりきれたこと。
受付を手伝ってくれた友達と、ライブハウスのスタッフさん以外は、全て僕ら2人だけ。
会場のブッキングから始まり、予約の受付、演出面、演奏面、事務的なものも含めて全て自分たちでやったからこそ、やりきれたことの達成感が大きかったです。凄く自信にもなりました。

これ、大きなレコード会社やレーベルに所属してる人には味わえない経験だと思います。


そしてなにより、満員の会場でワンマンを出来たこと。
決して大きな会場ではないけれど、本当に嬉しかったです。

僕たちは、音楽的な戦略とかは一切ヌキで、
自分たちの好きな音楽を好きなようにやっているユニットなので、
そんな僕たちの作ったものを好きになってくれる方がこんなにいるんだ、
ライブを見たいと思ってくださる方がこんなにいるんだ、というのがとてつもない喜びでした。

自分たちのやってきたことが、間違ってなかった、と思えた瞬間でした。


うたたねは、秋M3で新作CDを頒布しますが、それから少しの間お休みをする予定です。
(といっても2-3ヶ月くらいかな?)

6年間ひたすら曲を作り、ライブやラジオ等の活動を続けてきて、
ようやく「ワンマン」という大きな節目を迎えることが出来ました。

これを区切りとして、もっと多くの人にうたたねの音楽を届けたい、そして、
もっと多くの人に来てもらえるライブを目指して、
一旦頭をリセットし、まっさらな気持ちで、「うたたねりんごの第二章」を始められるように。
そんなお休みを少し取ろうと思います。


その間、僕も朱色さんも、ソロ活動を頑張ったり、スキルアップを頑張ったりする予定です。
個々のスキルアップは結果としてうたたねのレベルアップになるので。


まずは秋の新作に向けて、ラストスパートしていきます!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-09-20 14:59 | 日記 | Comments(0)

うたたねワンマンセットリスト

そういえばセトリ書き忘れたので書いときます。

[cinema part]
1 : ファントムペイン
2 : 愛執クリムゾン
3 : リトルデザイア
4 : リフレイン(新録ver.)
5 : 白い階段
6 : insomnia
7 : 一対の海
8 : pandora

[standing part]
9 : イフイッカ
10 : 撃鉄の憂鬱
11 : ビスケットエンド(Acoustic ver.)
12 : 一握の星
13 : like a fiction monster
14 : 五番目の群青
15 : フロムアライブ
16 : ゆめのおと

[encore]
17 : ジェットライオット
18 : 靴

でした!

アンコール前には秋M3の新作情報も少し公開しました!
そちらはもうしばらくしてからWebで改めて告知いたします。


ライブから2日経ち、ようやく興奮も落ち着いてきました。
もっともっとライブしたいし、もっともっと多くの人にうたたねのライブを体験して欲しいです。

そのためにも、次のライブに向けて、また頑張っていきますぜ。

よろしく!

P.S. ライブ衣装はこんな感じでした。分かりにくいかな笑 一応烏を意識して黒基調にしたのです。

f0205771_22123438.png

[PR]

  # by mechaegg | 2015-09-14 22:10 | 日記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE