うたたねりんごワンマンライブ ありがとうございました

こんにちわ、烏丸です。


昨日9/12、うたたねりんご初となるワンマンライブ
「神様、そのりんご、全部ください」を無事終えることができました。

ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!
皆さんのおかげでめちゃくちゃ楽しいライブになりました!



さて、今回のライブですが、大きく分けて2つのパートから構成してみました。

前半は、MCをせず、その代わりに曲間に映像を挟んで進行していく「cinema part」
後半は、アップテンポな曲を中心に、立って盛り上がれるような「standing part」

こういう演出にした背景には、「うたたねが出来ないこと、だけどうたたねだから出来ること」があります。

ご存知の通り、僕たちは関東と関西の遠距離ユニットで、年に1、2回会えるかどうか、という感じで活動しています。
よって、現状ではバンド形態でのライブはかなり厳しいんですね。

ライブで、歌とギターとオケという編成でやる場合、どうしてもバンドでやるよりも物足りなさがあると思います。
それが、「うたたねが出来ないこと」

でも、だからこそ、そういう制約があるからこそ、
普通のバンドのライブよりももっと楽しめる内容を作りたかった。
その一つのアイデアが、うたたねの楽曲の世界観に浸れる、映画を見るようなライブができたらいいなと。
それが、「うたたねだから出来ること」でした。




そもそも、たった2人でワンマンをやること自体が挑戦でした。レーベルにいるわけでもなく、スタッフもいるわけでもない、そんなうたたねが、です。
さらに、4月に盲腸になり、ライブ一ヶ月前には手術するということも、俺にとっての大きな試練でした。

でも、6年間やってきた朱色さんとのチームワークと、
ライブハウスの方との綿密な確認(映像の確認等で何度もお世話になりました)のおかげで
無事、全ての演出を成功させることが出来ました。

うたたねが「今できること」は100%、120%出し尽くすことが出来たライブになったなと思います




音楽を始めた頃、CDを出すことすら夢というか考えてすらいませんでした。
作曲を初めて6年後、M3で初めてのCDを出しました。

CDを出し始めた後、オリジナル曲でライブをすることが夢になりました。
うたたねを結成して1年後、その夢は叶えることができました。

そして、うたたね結成から6年、ようやくワンマンライブという大きな夢を叶えることが出来ました。
夢って、1段1段階段を上がるように叶っていくんだなって、改めて思いました。



うたたねのことを好きでいてくれるお客さんで埋めつくされたライブハウスで、
やりたい演出を存分にやらせてもらって、
自分たちが良いと思って作っているオリジナルな音楽を演奏する。こんな幸せなことはないです。

お客さんからも、「明日から頑張ろうってエネルギーをもらえました」って沢山言ってもらえたし、
何より俺達自身も思いっきりエネルギーを充填させてもらいました。

俺たちが発したエネルギーをお客さんが受け取り、お客さんから発せられたエネルギーを俺たちがもらって
明日からまた頑張れる、そんな、エネルギーの交換が出来る場がライブなのかなと、改めて感じました。

うたたねはオシャレで器用なユニットではなくて、「音楽を演奏する」というより、全身全霊を叩きつけて「エネルギーを放出する」みたいな不器用なユニットなので笑



残念ながら予定が合わずに来られなかった方も沢山いらっしゃって、
見たいと思って下さってるのに見て頂くことが出来ないという歯がゆさも正直ありました。

でも、ライブは1度きりだから価値があるとも思うので、こればっかりは仕方ないですし。


だからこそ、また「次回」を作りたいです。
一つの夢は叶いましたが、これは次の夢のスタート地点に立ったということと同義です。


うたたねも、俺自身も、「次」に向けてまた今日から頑張っていきます。



最後に、皆様本当にありがとうございました!
間違いなく、これまでの人生で最高の時間でした!次はもっと最高の時間を作れるよう、頑張ります!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-09-13 10:34 | 日記 | Comments(0)

いよいよ

こんばんわ、烏丸です。

いよいようたたねりんごの初!ワンマンライブが明後日に迫ってきました。
決定してから約半年、予約受付開始してから3ヶ月、ついに・・当日が目の前であります。

チケットはソールドしておりましたが、現在キャンセル分の予約受付を再開しております。
後残り僅かです!(1、2枚・・)
http://xxsyuiroxx.tumblr.com/oneman_live


台風も通りすぎてくれて、土曜日は晴れそうで、ほんと良かったです!

自分の身体という意味でも、4月に盲腸で入院、8月頭に手術もして、まだ1ヶ月くらいしか経ってませんが、今のところほぼ体調に問題ない状態まで回復できていて、ほんとよかったです・・。


半年前から準備を始めた今回のライブ、ワンマンということで、やりたいことをとにかく詰め込みました。

うたたねは距離等、色んな制約があります。出来ないことも多々あります。
でも、だからこそ、普通のバンドのライブではやらないようなことをやりたいです。

ライブの既成概念を崩して、新しいライブを皆さんに楽しんでいただきたいと思います。


音楽を始めた12年前から、いつか、いつかとずっと思い描いていたワンマンライブ。

あとは全て上手く段取り通り進むことを祈るのみ。。頑張ります!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-09-10 22:24 | 日記 | Comments(0)

食事見直し

何度も日記で書いていますが、盲腸になって20日+4日も入院したことで

大きな病気になることってこんなに大変なんだ・・

ってことを痛いほど感じました。


内臓の病気は気合では予防できないし治せません。
毎日の生活習慣が積み重なった先で起きるものなので。


ということで、人生の割合のうち、
少しでも健康な時間を長くするため、そして
少しでも長く音楽するため、まずは食事の見直しをしています。


書籍数冊と、ネット等で調べた情報を元に、食生活を下記のようにし始めました。

・小麦製品は食べない(パン、麺、パイ、ケーキ等)
・お菓子は食べない
・米は1日1回程度、少量
・野菜中心、プラス肉or魚
・調理する際の油はココナッツオイルorオリーブオイル
・卵、大豆(豆腐、納豆)は積極的に摂る
・間食はナッツ類と70%以上のブラックチョコレート
・揚げ物や加工肉(ベーコン、ソーセージ等)は極力摂らない
・たまの外食時等は気にせず食べる


いわゆる糖質制限+グルテンフリー+AGE対策をミックスしてみました。

僕は元々炭水化物も甘いものも食べてましたが、
一方で「これ食べなきゃやってらんねー」みたいな食へのこだわりはないので
健康のためと思えば全然ためらいなく変えられました。
制限してるようだけど、それでも全然美味しい物沢山あるしね。


「麺、ご飯、パンが主役の食事」って素人目に見てもバランスおかしいもんね。


結果が出てくるのはきっと20年後、30年後の話かもしれないけど、
最初に言ったように、病気の原因は生活習慣の積み重ねがほとんど。

たかだか盲腸ですが、入院すること、病気することの辛さを身にしみて感じることが出来たのはある意味幸いだったのかもしれません。
[PR]

  # by mechaegg | 2015-08-31 23:58 | 日記 | Comments(0)

人を好きになるということ

今日、時折スキンシップを交えながら寄り添って歩くカップルを見ていて、ふと、人を好きだという恋愛感情とは、一体どういう気持ちなのだろうか、その正体とは何なのだろうという疑問が浮かんだ。

この疑問は、世代的にも、同級生が次々と結婚していくここ数年よく浮かぶのだ。

「好き」ってなんだっけ?ということを、あくまでひとりの、恋愛経験の乏しいアラサー男の目線で考えてみた。



まず、自分の経験を思い返してみる。

学生の頃、誰かを好きになるとき、僕は見た目からだった。
なんて可愛い人だろう、こんな子と恋人として仲良くしたい、手を繋いだり抱きしめたりしたい、エッチなことも含めて、そんな思いが僕にとっての「好き」だったように思う。

それに加えて、性格の良い子がいいよね、みたいなのとか、学生特有の感情として、自分のステータスとして、こんな可愛い子を恋人にできたら自慢できるだろう、そんな思いもあったようにおもう。


今も、もちろん「なんて可愛い人だろう」と思うことはよくある。
こんな人とお近づきになれたらさぞかし幸せだろう、と思う。

けど、それは「好き」なのだろうか?
それは極端にいえば、自分の性的な欲求の対象でしかない。


確かに、人間は動物であり、人を好きになるという感情は、本能的に子を産み、育てるための感情だと思う。単純にそう考えれば、「性的な興奮を覚えること」が「好き」という感情の本質とも言える。

実際、恋人や夫婦というのは肉体の関係を持つのが一般的であることを考えても、見た目やスキンシップは「好き」の重要な要素なのだろうと思う。



ただ、歳を重ねるにつれて、それとは違う「好き」が見えてきた。
それは、「この人と一緒にいると楽しい、一緒に何かをしていたい」という、「一生を共にするパートナーになってほしい」という感情である。

結局、30、40、50、60・・と歳を重ねていく中で、性的な部分は本当にごくわずかに過ぎないと思うのだ。一日24時間を何年も何十年も共に過ごす中で、家庭、仕事、病気や怪我、様々な困難を一緒に乗り越えていく、パートナーとしての割合の方が圧倒的に多いはずなのだ。


つまり、人間が本能のみで動く動物であれば、より強い子を残すため、より魅力的な相手と子を産み育てる、ための感情が「好き」なのだと思うが、

考えて、協調して生きる「ヒト」という動物は、共に社会の中で助けあって生きていくためのパートナーとしての感情も「好き」の大きな要素なように思う。多分、そんな感情が人それぞれのバランスの中で、人それぞれの「好き」という感情を構築しているのではないかなと思う。


僕は、パートナーとして一緒に生きていきたいと思う気持ちと、見た目の好みとは別だと思っていて、結婚する分には見た目の好みなんてどうでもいいのかなあ、なんて思ってきている。

けど、一般的には恋愛や結婚には性的な要素は基本的に含まれるわけで、性的な意味で魅力的と思えていないにもかかわらず、その感情を「好き」と言っていいものなのだろうか、という疑問も残るのだ。



難しいなあ。
[PR]

  # by mechaegg | 2015-08-28 20:18 | 日記 | Comments(0)

手術してきました

こんばんわ、烏丸です。

先週の8/4-8/8の間、盲腸の手術のため入院してました。
散々Twitterでは経過や想いを書いたので、改めて書くもんでもないかもしれませんが、一応整理しておこうかなと思います。

4月に盲腸(急性虫垂炎)になって、約20日入院しましたが、その際は薬で治めただけで、虫垂の切除はしませんでした。
※4月に盲腸で入院した話はこちらの記事→「盲腸を前向きに捉えてみる」


4月の時は、炎症がひどくなりすぎて膿が周りに溜まってしまっており、その状態で手術すると大きく開腹しないといけなくなり、それによる合併症のリスクがとても高かったため、薬で散らして、数カ月後に落ち着いてから切除しよう、という感じでした。

というわけで、約3ヶ月半たった先週、手術してまいりました。ワンマンライブ1ヶ月前に手術するなんてすんげー無謀だとは思いましたが、再発のリスクを考えると手術を前に持ってきたかったのです。

まあ細かいことは置いといて、結論としてはとりあえず無事に手術も終わり、予定通り術後3日目には退院して今に至ります。

まだ痛みはそこそこあります(くしゃみしたり咳するとかなり痛い・・)が、ちゃんと腸も動いているようだし、ひとまず経過は良さそうです。



さて、そんなこの一連の盲腸騒動から得た教訓を幾つか書いて締めようと思います。

・盲腸は、早く見つけて治療するに越したことはないです。僕は発見が遅れたことで、虫垂に穴が空いて膿が溜まってしまい、20日も入院することになりました。

・胃の痛み&張り→右下腹部の痛み に移ったら要注意。カカトをドシンと落とした時に響いたり、おした時より離した時のほうが痛かったらかなり可能性が高いです。

・盲腸は非常にありふれた病気ですが、漠然と「自分はならないだろう」と思っていました。が、なるときはなるもんです。

・盲腸に限らず、人間いつ大きな病気になるかなんてわからないんだから、そういう時の備えと、「やれるときにやりたいことをやれるだけやっておく」ことが大事。

・健康は日々の食生活や生活習慣の積み重ね。自分の身体への過信は危険です。


そんな感じでした。頑張って回復してワンマンライブには万全の体調で臨みたいと思います!
[PR]

  # by mechaegg | 2015-08-12 20:01 | 日記 | Comments(0)

CANDY CUBE FESTA

こんばんわ、烏丸です。

昨日2015/07/26、CANDY CUBEさん主催のイベントにサポートギターとして参加してきました。

普通のバンドとかのライブイベントと違って、色んなコーナーを次々に進めていくスタイルだったこともあり、演奏自体よりも進行をトチらないかが一番心配でしたが、なんとかなりました笑

大勢のスタッフさんが全力で準備してくださったからこそ、僕たちは安心して演奏に専念できたので、スタッフさん皆様に感謝です。イベント運営って大変ですね。。

初めて「衣装」なるものまで用意していただけたり、至れりつくせりで逆に恐縮してしまうくらいよくして頂きました。

共演者の皆様も、ほんとに気さくな素敵な方ばかりで、たくさんお話出来ていい刺激をいっぱい頂きました!ぜひまたご一緒したいなと思います。


何はともあれ、人生初となる「サポートギターのお仕事」を無事終えることが出来てホッとしております。
これまでは、自分たちの音楽を、自分たちのステージで演奏する、ということだけやってきました。

これからもその活動が軸にあることには変わりませんが、
今回のイベントを通じて、「いろんな人達と一緒に、いちスタッフとして、何かをつくり上げること」ということのやりがいというか面白さをすごく感じました。

いつもは全部自分たちでやるので、自分たちのやりたいことがダイレクトに届くので、凄くやりがいはあります。

でも、今回のようなサポートでの参加のように「自分のことを誰もお客さんは知らないし興味もない」という環境下で、要は黒子として、いい演奏で良いコンテンツをお届けする、というのはある種職人的な感覚で、これはこれで非常に面白みがあります。、こういう演奏活動はもっともっとやっていきたいなって思いました。

なんだろう、文化祭みたいな?感覚ですかねw


とはいえ、次はいよいよ9月のうたたねワンマンですね!!
8月の盲腸手術を乗り越えた上で、頑張ります~~
[PR]

  # by mechaegg | 2015-07-27 22:23 | 日記 | Comments(0)

バックボーン

こんばんわ、烏丸です。

先日、初めて一緒にやるメンバーでスタジオセッションをしました。
僕はギター(ボーカルがいないのでとりあえず暫定ギタボ)で参加をしまして。

先日集まったメンバーは、V系やアニソンを通ってきた人間の集まりでした。
僕も、高校時代にV系に出会って音楽に目覚めた人間なので、ギタリストとしては多分V系ロックの影響を最も受けていると思います。

うたたね等の活動やレコーディングで弾く僕のギターは、基本的にディストーションのかかった、歪んだサウンドです。(あまりコピーはしてないのでかなり自己流要素が強いですが)


そんな僕ですが、ここ数年はブルース等の、軽く歪んだクランチのギタリストが好きです。分かりやすい例で言うとCharさんのような感じですね。憧れます。最近は洋楽のブルースが大好きです。

でも、たまにそういうギターを弾いたりもしますが、自分で弾いてると、なんか違うなあっていう違和感をすごく感じるんですね。

そこで思うのは、やっぱり楽器を始めた最初の頃に好んで聴いて、弾いて、身体に染み付いてきた音楽こそ、自分自身のバックボーンになるのだなあということ。僕は長年邦楽の、しかも日本色の強い曲ばかり好んで聞いていたこともあり、ブルースやロックンロール等の洋楽のギターはほとんど馴染みがないのです。


もちろんそういう知らないジャンルを吸収することは成長になると思いますので、今好きなこともどんどん取り入れていきたいと思っていますが、自分のコアになるものは、やっぱり若い時から変わらないディストーションギターなんだなと思いました。

そこはきっとずっと変わらないんだろうなと思います。僕はブルースやジャズ、ファンクのギタリストにはなれない。



さて、一方で僕は趣味程度にドラムもやっています。
僕のドラムは、まだそんなに身体に染み付いてないのでそういう色がついていません。これからいくらでもカラーを付けていける段階です。

なので、ドラムでは、ブルースや古い洋楽のロックのドラマーをベースにしていきたいと考えています。
ドラムで参加しているバンドのメンバーは古い洋楽が好きなので、ちょうどいい感じで笑

憧れのドラマーは、ブルース系ではないですが村上ポンタ秀一さんとエイブ・ラボリエルJr(ポールマッカートニーのバンドの人)氏です。

パワー系、スピード系、手数系、じゃなく、ブルースの香りの渋くてグルーヴィーなドラマーになりたいなと思っています。


V系仕込みのディストーションギタリストかつ、渋いブルースドラマーとしての道・・

最近色んな顔がありすぎてどれがどれだかよく分からなくなります笑
[PR]

  # by mechaegg | 2015-07-25 00:59 | 日記 | Comments(0)

アイデンティティ

こんばんわ、烏丸です。

先日とある方と話してる中で、自分はオタクだったのかどうか、ふと思いました。

多分Noなんですよね。
確かに、中学~高校時代、友達もいず、クラスにも馴染めず、ほとんど喋らず、隅っこでぼっちだった僕はいわゆるオタクな少年のイメージだったと思います。

でも、それだけなんですよね。ただの内気で人見知りをこじらせた人でした。

というのも、アニメやゲーム等、何かに凄く夢中だったかというと、全くそういうのがなかったんですよね。
子供の頃、ガンダムやヒーローが好きだったので多少は詳しいですし、マンガも多少は好きでしたが、そこまで何かに夢中になるものはほとんどありませんでした。いわゆる2次元的なものやネットカルチャーへの関心もとても薄かった。

なので、いわゆるオタクな人たちの輪にも入れなかったんです。

要は、それまでの僕は、何もなかったんです。空っぽです。
勉強は中の上くらいでしたが、それ以外、趣味も特技もなく、部活もしない、何もない男でした。
自分って何なんだろう?って漠然と思っていました。


だから、きっと僕はオタクではなかったんでしょう。


そんな中、高2で音楽、作曲と出会い、人生が一変しました。

生まれて初めての趣味・特技。
俺は、音楽の人だ、というアイデンティティを得た瞬間でした。

もちろん経験一切なしのゼロからのスタートだったので、そんなに順調なもんではなかったですけど、「自分はこういうものです」という何かが手に入ったことは、僕のその後の人生を大きく変えました。

心から、音楽に出会えたことに感謝しています。


人は、自分を表す何か=アイデンティティを手にしたとき、とても強くなるのだな、と、自分自身の経験をふまえてすごく感じます。



なお、今現在の僕は多分「音楽活動オタク」だと思います笑
[PR]

  # by mechaegg | 2015-07-14 00:06 | 日記 | Comments(0)

リハ&パズドラ1000日

こんにちわ、烏丸です。

昨日、2つイベントがあったので書き留めようと思います。

●リハーサル
来る2015/07/26に開催される「Candy Cube Festa」というライブイベントに
サポートギターとして出演いたします。

そのリハーサルを昨日やってきました。
僕にとって、このライブ出演には2つの意味での「初めて」があります。

1つ目は、「ライブサポート」そのものが実質ほぼ初めてであること。
昔紺野さんのバックで弾いたことが1度だけありますが、あれはライブに一緒に出演していたこともあり、サポートというよりはコラボに近い感じでした。

今回は初、お仕事としてのサポートギターです!
ほんとに貴重な経験、ありがたい限りです。

とても出演者さん、スタッフさん含めてフレンドリーでいい感じなので、ライブイベントもきっといい感じになると思います!


2つ目は、烏丸友吾に名前を変えてから初めての活動(オフラインの)であること。

名前を変えた後に誰かと会って活動するのはほぼ初めてです。
やっぱり、実際に「からすまさん」と呼んでいただいて初めて、自分が「烏丸友吾」になれた気がしました。
文字の上だけで変わっていてもダメなんですね。
音って大事です。


昨日はほとんどの方と初めましてな状態で、沢山新しい出会いもあり、烏丸に名前を変えて、新しい音楽活動の第一歩としてはほんとに恵まれているというか嬉しい限りです。


当日も頑張りますのでぜひお楽しみに~。


●パズドラログイン1000日
https://www.youtube.com/watch?v=g8-yVzFy0ak


もう一つはパズドラです笑
昨日(2015/07/11)に通算ログイン1000日を迎えました。約3年ですね。
なので記念に動画を作りました。
多分その間ログインしなかったのは1日くらい?なのかなあ。

自分でもこんなに長く継続して楽しめるとは思っていませんでした。

ある程度メンツがそろってあとはプラマラくらいしかやることがないんですけど、まあほどよくマイペースに今後もやっていけたらなと思います。


[PR]

  # by mechaegg | 2015-07-12 19:39 | 日記 | Comments(0)

メメントモリ

こんばんわ、烏丸です。

先日盲腸で入院したことに加え、最近胃の調子もあまりよくなくて、
もしかして深刻な病気なんじゃないか、みたいなことも頭をよぎったりします。
来週人生初胃カメラしてきますが、なんか色々と年齢を感じることが多い今日このごろ。

昨年は母親が亡くなったこともあり、「死」を考える機会が結構ありました。


そう、自分も、いつ死ぬかなんてわからない。人は必ず死を迎えるのだから。

僕はわりと昔からそういうことを考える子供だったのですが、
最近はさらにリアルさが増してたりします。

メメント・モリはそんな「自分の死について常に頭の片隅においておけ」といった感じの言葉です。
(本質的な意味については諸説あると思います)


この言葉を自分なりに解釈して、自分へのメッセージとするなら
「明日死んでも悔いを残さないように生きよう」
ということに尽きます。


「明日」はちょっと言い過ぎかもしれません。
けど、短いスパンで「これを達成したら、やりきった、と安心して死ねる」ということを達成していくとおのずとそういう生き方になるんじゃないかなと思っています。

簡単にいえば、目の前のことに、力を出し惜しみせず全力を出しきろう、ということ。

僕は今はそうやって生きています。

これを達成したら死んでもいい、という一番大きな夢はあります。
でも、それは遠い夢です。それだけにこだわっていたら意味が無い。

だから、まずは一歩前にある実現性の高い小さな夢を「やりきる」こと。
それを達成したら、「ひとまず」悔いなく死んでいける。

そういう小さな「人生の目標」を用意してあげるといいんじゃないかなと思っています。
その小さな目標を達成する度に、人生に満足していきます。

そうすれば、いざ死を迎えた時、きっと「自分はよくやった」と思いながら死んでいけるでしょう。
僕はそうやって死んでいきたいなと思っています。


とりあえず今はうたたねワンマンの成功という目標が目の前にあります。
これをやり切るまでは死ねません。
縁起でもないけど、仮にその後死んだとしても、これをやりきったらきっと「ひとまず」満足できそうです。

もちろんまだまだやりたいこと沢山あるし、
長く健康的に生きて楽しいこといっぱいしたいけど、
「人生の悔い」はなるべくこまめに残さないように片付けちゃいましょう。


てな感じでした。

重い話ですけど、イキイキ生きるための一つの方法かなって思っています。
[PR]

  # by mechaegg | 2015-07-05 18:04 | 日記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE