シリアスな

重くて、シリアスなのが好きです。音楽でも、物語でも。
好きだから、やっぱそういう自分の世界を目指すわけです。
けど、そればっかじゃ僕自身おなかいっぱいになっちゃうわけで・・。

シリアスからかけ離れる恐れもあることにも、挑戦したい。
でも、それは飛鳥硝子の目指す方向ではない。

そんな葛藤に、1ヶ月前、本当に悩みました。


そして、答えは出ました。

僕の好きな、シリアスで重い音楽、という基準で、
煮込んで煮込んで、出てきた上積み。それは、飛鳥硝子の作品。(自己満足的な意味で)

でも、それ以外の場所も、違う視点から見たら実はすごく美味しかったりして。

出た答えは・・・「そういうのは某Яでやればいーじゃん!」


頭が固い、中途半端な完璧主義者の独り言でした(笑
[PR]

  by mechaegg | 2009-05-26 22:04 | 日記

<< 償いの日々 うっ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE